M字はげになる原因 男性ホルモンや遺伝、テストステロンが影響

M字はげになる原因 男性ホルモンやストレスが主な原因です。

M字はげは頭頂部のハゲと比べると見た目的にも目立つので悩んでいる人も多いでしょう。

 

ではなぜM字はげになってしまうのでしょうか?今回はM字はげになる原因について説明していきましょう。

 

M字はげとは?

M字はげは男性特有のはげの一種であり、おでこの両端部分がそりこみを入れたように薄くなってしまうのが特徴です。

 

アルファベットのMという文字のようになってしまうため、M字はげと言われています。前髪が短いと、M字はげであることがすぐに周囲にバレテしまいます。

 

また前髪で隠そうとしても、髪の隙間からはげが見えてしまうので逆に目立ってしまうこともあるでしょう。

 

M字はげになる原因は?

M字はげになる原因は男性ホルモンのテストステロンの過剰分泌です。

 

過剰分泌されたテストステロンが毛根の下部にある発毛組織、毛乳頭に刺激を与えていきます。

 

するとテストステロンは5αリアクターゼと呼ばれる酵素部分と反応し、ジヒドロテストステロンに変化。

 

このジヒドロテストステロンは男性ホルモンと結合すると抜け毛を促進してしまう働きを持つのです。

 

・男性ホルモンの影響

M字ハゲは毛穴の汚れだとか血行不良ではなく、男性ホルモンの影響が強いからだと言われています。両サイドだけどんどんホリが深くなっていく。でも、他の部分は特に影響がない。このような場合、M字ハゲの部分だけ血行が悪いとか、頭皮が汚れている可能性は低いです。
血行不良や頭皮が汚れているから毛が抜けているのであれば、M字の部分だけではなく、全体的に毛が薄くなっているはずです。にも関わらず、M字の部分だけ毛がどんどん後退していくのは、男性ホルモンの影響が強いからです。
男性ホルモンと酵素が結びつくと、毛を抜く作用が生まれます。これが近年目にする機会も増えているであろう「AGA」と呼ばれているものです。男性型脱毛症とも呼ばれているAGAはM字ハゲだけではなく、様々な形の「ハゲ」をもたらすものです。

 

M字はげは遺伝やストレスによっても起こる

M字はげの原因の多くは遺伝的な要素が関連してきます。

 

男性型脱毛症の典型的な症状であるM字はげは遺伝によって起こることが多いです。

 

遺伝以外の要因としてはストレスや睡眠不足、食生活の乱れなどもあります。

 

特にストレスは髪によくありません。

 

ストレスを感じてしまうと頭皮は堅くなってしまい、血行不良の状態に陥ってしまうのでしょう。

 

血行不良になると髪の成長に必要な栄養素がきちんと届けられなくなってしまうので、抜け毛や薄毛につながってしまうのです。

 

また睡眠不足もM字はげをひどくさせる要因の1つです。
睡眠のハゲの関係 良質な眠りが無いと髪は抜けやすくなる?!でも説明していますが、寝不足は肌にも髪にも大敵です。

 

睡眠は私達が生きていく上で非常に重要で、体の回復、修復にはかかせません。

 

夜寝ている間は育毛に効果のある成長ホルモンの分泌が促進される時期なので、きちんと寝ていなければ成長ホルモンの量が減少してしまうでしょう

 

ダイエットのし過ぎで髪の毛が薄くなる

ダイエットをし過ぎると髪の毛は抜けやすくなり薄毛になってしまうことがあります。この原因は過剰なダイエットによって摂取する栄養素が少なすぎてしまい、髪の毛の成長に必要な栄養が不足してしまうために起こります。またダイエットをすることによって少なからずストレスがかかります。するとストレスにより交感神経優位になり男性ホルモンが増加して薄毛が進行してしまうのです。ダイエットが影響して薄毛になった場合、リバウンドせずに髪の毛を増やすためにはバランスのとれた食事を心がけることです。過度な食事制限をせずにしっかりと栄養を取ることで、髪の成長に必要な栄養をしっかりと補給できるでしょう。栄養をしっかりと摂取できれば体温は上がり代謝もアップします。

 

もちろんAGAだけではない

M字ハゲはAGAの可能性が高いのですが、決してAGAだけとは言い切れません。例えば髪への負担です。M字ハゲになりやすい人は、髪に対して刺激を与えている人が多いです。例えば髪を自分で染めると、どうしても頭皮にも負担が出るのですが、その際M字の部分は頭頂部とサイドの接続部です。
この部分は元々そこまで毛髪も多くはないですし、毛の生え方が変わる部分ですからデリケートなのですが、毛染め剤を使用した際、M字部分には櫛を入れる事も多いですから、毛染め剤をM字部分に塗り込んでいるような状況となってしまいます。
さらに、髪が長くて後ろでまとめる男性も増えていますが、その場合、常に髪を引っ張っている状態になりますので、M字部分も常に髪を引っ張っているような状況になります。
それ以外の部分も引っ張られているのですが、先にもM字部分はデリケートだとお話したように、どうしても弱い部分ですので毛も抜けやすく、M字が進行してしまう可能性もあれば、対策を講じてもなかなか効果が出ないケースも出てきます。

 

・遺伝のケースも
AGAに近いのですが、遺伝の可能性も高いです。「体質」の問題ですので、どれだけ努力しても、遺伝子レベルで結局はM字ハゲが進行していくようインプットされてしまっている場合、どれだけ頑張ったとしても、やはり効果はあまり出ないでしょう。
遺伝とは、体に組み込まれている情報で、人間はその通りに展開されるものです。
遺伝子レベルで「M字ハゲになる」と組み込まれているとなると、なかなか簡単ではありません。親や親せきにM字ハゲの人がいる場合、この可能性も考えられます。