薬用プランテル 副作用

育毛剤薬用プランテルの副作用 こんな恐ろしい事があるんです

M字ハゲ

薬用プランテルはM字ハゲに効果があると注目されている育毛剤です。しかし薬用プランテルを使用することで副作用が出てしまうケースもあるのです。

 

今回は薄毛や抜け毛を気にしている人が避けたくなるように薬用プランテルの副作用を紹介します。

 

かゆみやフケの増加

薬用プランテルを使用して発症する副作用として口コミなどでも取り上げられているのがかゆみやフケの増加です。

 

頭皮の痒みやフケの増加は頭皮環境の悪化を示しています。

 

頭皮の環境が改善されていれば痒みやフケが増えることはまずありません。かゆみやフケが増えるのは、頭皮環境が改善されていない証拠です。かゆみやフケのない健康的な頭皮にする必要があるでしょう。

 

界面活性剤や乳化剤は含まれている

ではどうして薬用プランテルを使用して副作用がでる人がいるのでしょうか?

 

その理由の1つが薬用プランテルに配合されている成分です。薬用プランテルには発泡剤として添加されている界面活性剤「ラウリルジメチルアミンオキシド液」や乳化剤の「硬化ヒマシ油」が配合されています。

 

この2つの成分は安全性が確認されていない化学合成物質になります。これらの化学合成物質が痒みやフケを引き起こしている可能性があるのです。

 

化学合成物質を一切使用していない育毛剤に比べると薬用プランテルは刺激性が強いと言えるかもしれません。

 

胃の不快感、食欲不振、手足のしびれなどが起こる可能性もある

薬用プランテルのその他の副作用として、胃の不快感、吐き気、頭痛、食欲不振などがあります。

 

これは薬用プランテルに含まれるセファランチンによって引き起こされるのです。セファランチンは血流促進硬化や末梢血管の拡張作用などがあるので頭皮環境改善につながりますが、副作用も起こりやすいです。

 

さらに薬用プランテルを使用して手足のしびれやむくみが生じる場合もあります。これらの副作用はグリチルチリン酸2Kと呼ばれる成分によって引き起こされます。グリチルリチン酸2Kは、抗炎症作用があるので頭皮環境を整えることができますが、稀に副作用を起こすことも。

 

息苦しさや茶褐色の尿が出るような場合はすぐに使用を中止してください。

 

 

関連記事:薬用プランテルにはM字ハゲに効果のある成分が含まれている?