M字ハゲは生え際のニキビが原因?ニキビが頭皮に悪い理由

生え際のニキビはM字ハゲの初期症状

M字ハゲ

毛穴の中に余分な皮脂が溜まることで、ニキビが発生。ニキビはM字ハゲの初期症状

 

様々な要因が重なり、男性ホルモンが過剰に分泌することで、皮脂も余分に分泌します。

 

思春期にニキビが多いのは、男性ホルモンの分泌量が多いからです。でも、この時期は成長期ですから、体の各所へホルモンが運ばれ、M字ハゲには発展しません。

 

つまり思春期でもないのに、頭皮にニキビができることが問題なのです。

 

生え際のニキビの原因とは

 

生え際のニキビには次のような原因が考えられます。

 

男性ホルモン過剰分泌

M字ハゲ

男性ホルモンが過剰に分泌することで、頭部毛乳頭細胞にある5αリダクターゼと酵素結合し、ジヒドロテストステロンができます。

 

このホルモンは通常のテストステロンの10倍の作用を持ち、皮脂の分泌を増やしてしまう原因となります。

 

また、抜け毛の原因ともなるため、生え際のニキビは男性型脱毛症の初期症状だと思っていもよいでしょう。

 

食事のバランス

M字ハゲ

食事のバランスが偏っていることで、皮脂の生成を異常に増やします。皮脂の原料は脂や糖。

 

動物性の脂肪や炭水化物、糖類には皮脂の原料がぎっしり詰まっています。

 

また糖類には、男性ホルモンを刺激するGI食というものがあり、知らず知らずの間に皮脂の分泌量が増えていることも。

 

ビタミン不足

M字ハゲ

ビタミン類の中には皮脂分泌をコントロールするビタミンB2やB6といった栄養素が含まれます。

 

ストレス

M字ハゲ

ストレスが慢性的になることで、コルチゾールやアドレナリンといったホルモンが過剰に増えてしまい、男性ホルモンを刺激します。

 

男性ホルモンの分泌が増え、頭皮にある5αリダクターゼと融合することで、10倍の作用となり、皮脂を過剰に分泌します。

 

睡眠不足

M字ハゲ

睡眠不足になることで、交感神経と副交感神経のバランスが崩れてしまい、体は常に緊張した状態に。

 

交感神経が優位に働くため男性ホルモンの活動を活発にし、皮脂の過剰分泌を促します。

 

間違った頭皮ケア

M字ハゲ

頭皮がベタツクからたくさんシャンプーをする。このせいで必要な皮脂まで根こそぎ落としてしまい、結果として皮脂の過剰分泌を促すことに。

 

過剰なシャンプーは頭皮の肌バリアを弱めるため、体が勝手に皮脂が不足しているものだと思い、過剰に皮脂を分泌する体質になってしまいます。

 

ちょっとくらいのべたつきはしばらく我慢です。

 

まとめ

M字ハゲ

ニキビというのは皮膚の炎症のことです。つまり育毛剤などの使用ができない状態に。

 

M字ハゲ

M字ハゲはどんどん進行するのに、なんの対策もできないことに。

 

こういった場合は、日頃の生活習慣の見直しやニキビ治療を優先して行い、一刻も早くM字ハゲ治療に戻れるようにしましょう。