M字ハゲには納豆が効く!?おすすめする食事の献立は?

M字ハゲに納豆のイソフラボンが効く!

M字ハゲ

意外かもしれませんが、納豆がM字ハゲの改善にものすごく効果的なのです。

 

その理由はイソフラボン。原料である大豆には、このイソフラボンが豊富に含まれており、女性ホルモンであるエストロゲンと同じ効果があるとされています。

 

それが、M字ハゲの原因、男性型脱毛症の悪玉男性ホルモンを抑制し、発毛に必要なIGF-1成長因子を増やします。

 

納豆に含まれるイソフラボンとは

M字ハゲ

納豆1パックには約45グラムの納豆が入っており、それに含まれるイソフラボンの量はおよそ33ミリグラム。

 

M字ハゲ

厚生労働省の発表するイソフラボンの一日の摂取目安は50ミリグラム前後ですから、1パック半納豆を食べることで、効果的にM字ハゲを改善できる計算になります。

 

イソフラボンは植物性のエストロゲンとも呼ばれる成分で、その作用は、女性ホルモンの1000/1。低いように感じるこの数値は言い換えると、副作用のリスクが非常に少ないということが言えるのです。

 

そして毎日の食事から少しづつ、イソフラボン効果を頭皮に送ることで、M字ハゲ改善に効果的です。

 

 

イソフラボンとトウガラシをメニューに加えると最強

イソフラボンが効果的に作用されるには、成長因子であるIGF-1が重要な要素。この成長因子は筋肉や骨、皮膚、神経、内臓、唾液などに含まれるアミノ酸の結合体です。

 

年齢を重ねるごとにIGF-1は減少していき、M字ハゲの後退の原因となります。

 

そこで、IGF-1を効果的に増やし、発毛を促す食べ物が、納豆に含まれるイソフラボンと、トウガラシなどから摂れるカプサイシン。

 

この両方の栄養素が組み合わさることで、胃の知覚神経が刺激されIGF-1が増えるのです。

 

この成分を朝晩のメニューに取り入れることができれば、M字ハゲが自然に改善する事も夢ではないのです。

 

 

納豆を使った料理

 

M字ハゲ

  • 納豆パスタ・・・・和風パスタのような感覚で美味です。

 

M字ハゲ

  • 定番の納豆ご飯・・・・朝の忙しい時間は、納豆をご飯の上にかけて食べる定番メニュー。

 

M字ハゲ

  • 納豆オムレツ・・・・居酒屋などでもお見掛けするくらい定評のあるメニューで以外においしいです。

 

トウガラシを使った料理

 

M字ハゲ
トウガラシはスパイスとして使われることがほとんどなので、様々な料理に適しています。

 

例えばパスタやカレーライス、野菜炒め、ちょっとおしゃれにポトフなどにも良いです。冬の寒い時期のチゲ鍋にも合う材料ですね。

 

まとめ

M字ハゲ

発毛や育毛が難しいとされるM字ハゲには、普段の食事から得られる栄養は非常に大切です。

 

イソフラボンの悪玉男性ホルモンの抑制効果と、カプサイシンとの組み合わせが非常に有効。

 

M字ハゲ

納豆料理1品、トウガラシを使った料理を1品、毎日の献立に添えるだけで、健康かつ効果的に発毛育毛を促すことができます。